平成21年度 社会実験

日本橋地域におけるまちづくり応援団構築(エリアマネジメントの仕組みづくり)の社会実験
1.社会実験の目的・目標
 当協議会は日本橋地域の個性あるコミュニティを保全 し、活性化するための核としての「道空間」に着目し、魅力的で活気があり、快適な道路空間の創出を目的として平成19年度コミュニティモールの設置や、昨年度の間伐材を活用した木質系環境舗装やストリートファニチュアの設置などの実験を行ってきました。
 引き続き、このような活動を更に発展させたまちづくりの取り組みとして、道路空間の景観向上や憩える空間創出のための間伐材の道路空間への活用や、美観の高品質化を確保するための地域主体型の道路の維持・管理が求められてきました。
 そこで、日本橋地域の道路において、ボランティア制度を導入し、地域の方々が道路を維持し、守っていくことにより、細部にも目が行き届き、道路空間の景観や美観の高品質化、さらなる賑わいの創出を目指して本実験を行います。

2.実験主体:日本橋みゆき通り道路実験協議会

3.実験期間:平成21年10月下旬〜12月

4.実験場所:中央区日本橋地域
 

5.実験の内容:
(1)『まちづくり奉行』(“江戸のみち”づくり)の実験…
   舗装・植樹帯・ストリートファニチュア等へ、かつて、江戸のまちを構成していた素材である木(間伐材)を活用したり、江戸(日本橋)らしい意匠を施すことによる“江戸のみち”づくりを行い、周辺地域の方々への街並みや景観等に対する興味を喚起し、サポーター制度への参加・協力の可能性の検討を行う。
 
(2) 『まち守り奉行』(“江戸のみち”守り)の実験…
   「まち守り奉行(サポーターの方々)」による、プランターや植樹帯への日々の水やりや歩道清掃、まちの美観維持や損傷状況等を道路管理者へ情報提供を行う、地域主体型の道路の維持・管理体制のあり方の実験。
   
(3) 「まちづくり応援団」の仕組み構築の実験…
  “江戸のみち”づくりに活用する道路整備部材等に『まちづくり奉行』 や『まち守り奉行』等の団体・個人名を入れることによる、 「サポーター制度」を活用した将来的な活動人員や資金確保の可能性の実験を行う。


6.実験の効果・検証:
(1)日本橋地域において“江戸のみち”を復活し、まちのイメージを視覚的に訴えかけ、参加・協力いただいた方や地域の方々、来訪者等にアンケートやヒアリング調査を実施し、まちの景観やデザイン、今後のまちづくりの方向性やサポート制度の必要性等について、地域の生の意見を吸い上げ、問題点・課題等を抽出する。

(2)「まち守り奉行」に参加・協力いただいた方々や関係諸団体等にアンケートやヒアリング調査を実施する。また情報提供の回数、内容、巡回回数、コスト削減費用等、本実験おける効果の検証や、問題点・課題等を抽出し、今後のまち守り活動やボランティアサポートプログラム等の可能性を検討する。


2009年11/18道路実験街づくり部会
  
日本橋教育会館にて、H21年度道路実験街づくり
部会が行なわれました。
道路実験協議会会長・浅野雄悦氏より、開会の辞

  
本年度の実験アドバイザー・東京理科大の
宇野教授より、様々な都市の道路に対する
取組みをご紹介いただきました。
各町会、国道事務所、中央区役所の方々を交え、
本年度の実験概要の説明の後、意見交換を行い、
ご参加いただいた皆様から、それぞれの立場からの
貴重なご意見をいただくことができました。
    
2009年12/7 社会実験意見交換会
      
  
堀留区民会館にて、各町会の代表の方々を招き、
本実験に対する意見交換会を開催致しました。
道路実験協議会会長・浅野雄悦氏より、挨拶。

本実験の内容や趣旨を説明。
今回の実験における、ボランティア制度、
アンケート調査への協力を求めました。
沿道の町会の方々より、今回の実験や、
過去や今後の活動についての貴重なご意見をいただきました。

設置状況確認用マップ
(↑こちらで設置されている写真をご確認いただけます。

配布資料
・日本橋地域における『まちづくり応援団』の仕組みづくり実験場所(PDF形式)
・『まちづくり応援団』告知用パンフレット(PDF形式)


"まち守り奉行"クリーンウォークのご案内

私たちはこの日本橋のまちを、魅力的で活気があり、歩いていて楽しい通りとすることを目的として日本橋のまちづくりの活動を行っています。きれいなまちづくりの第一歩は、まず「自分たちで歩いて、見て、感じて、考える」ことから始まるのではないかと考えます。日本橋みゆき通り(通称)の“クリーンウォーク”または“まち守り奉行”に興味がある方は下記の日時場所に集合し、みんなでクリーンウォークをしましょう!

日時:2月7日(日)14:00〜15:00
    ※雨天の場合は2月11日同時刻の予定です。
場所:日本橋みゆき通り(通称)地図をご参照下さい

集合場所:○常盤・日本橋小学校の方は日本橋三越ライオン像前
       ○久松小学校の方は日本橋中学校前 集合

参加費:無料 参加者全員に小風呂敷プレゼント!
    ☆人間国宝 芹沢 _介デザイン!バンダナやスカーフにも使えるよ)
    ☆あったか おしるこ もあるよ!

主催:日本橋みゆき通り道路実験協議会
   (一〜七の部連合町会、富沢町町会、日本橋問屋街街づくり協議会、協同組合 東京問屋連盟、横山・橘通り共栄会、横山町馬喰町新道通り会、やげん掘り商店会、横山町奉仕会、問屋街活性化委員会)

協力:中央区区民部、土木部

応募方法:2月3日水曜までにお電話かファックスにて
TEL.03-5651-1550
FAX.03-5651-1562
(御名前、学校名、学年、保護者氏名、電話、ファックスをご記載ください)
お問い合わせ先:日本橋みゆき通り道路実験協議会 
事務局 中島 憲一TEL.03-5651-1550 
Mail.area@miyukidori.jp

日本橋みゆき通り道路実験協議会とは

私たちが普段何気なく利用している『みち』を軸として、日本橋地域全体のまちづくりを点から面へ広げる活動を行っている団体です。本年度はボランティア制度を導入し、地域の方自らが道路を守っていくことによる道路空間の景観や美観の高品質化、さらなる賑わいの創出を目指して実験を行っています。
まちづくり奉行とは
"江戸のみち"づくりに適したストリートファニチャー(プランターやベンチなど)を設置するための基金を行うサポーターの名称。
まち守り奉行とは
プランターや花壇への水やり、花壇等のゴミ拾いや歩道清掃、ベンチ等の維持・修繕など、まちの美観を見回り、見守るサポーターの名称。




↑ご案内パンフレット↑ ↑まち守りマップ↑
◆まち守り奉行クリーンウォーク実施しました◆
2月7日、風は強かったですが、晴天の中、児童・町会の方々総勢約80名ものご参加を頂き、
まち守り奉行として、クリーンウォークをして頂き、通りも花壇も大変綺麗になりました。
当日は人間国宝 芹沢 _介デザインの『心』という文字の入った小風呂敷をバンダナ代わりに巻いて頂き
一体感を持って全員でみずやり、清掃活動を行いました。
この『心』という文字は"みんなで町をきれいにし、町を守る"という心を大切にという想いを込めてこのデザインがセレクトされました。

こちらが人間国宝 芹沢 _介デザインの小風呂敷 【まち守り奉行】と名入れをしました

日本橋中学校集合チームの様子
隊長の鳥安さんの前で全体説明の後、スタートしました。 日本橋中学校前もきれいに清掃しました
こちらはお水隊。ゾウさんジョウロが大人気! 鳥安さん前のプランターとベンチ
お水やりは児童に大変人気でした!
小さなお子様にも一緒にご参加頂きました。 宮城館前プランター。みずやりをみんなでして頂きました。
ご家族皆様でご参加頂けた方も多数いらっしゃいました ほうき隊もがんばっています!
大丸文具店前のプランター 東日本橋交通島にもベンチとプランターがあります。
富沢町MY ARK ビル前ベンチ・横断防止柵・植樹帯。
ここでもお水をタップリあげました。
後方に見えるのは東京理科大学の学生が製作した
同じく間伐材を活用したベンチです。
最後は富沢町の焼肉屋"くんさんちゃーりむ"さんで
でおしるこを食べながらアンケートに御協力頂きました。
日本橋三越前集合チームの様子
三越前に集合し小風呂敷を
バンダナ風に巻いていただきました。
中央通りを渡って、いよいよスタートです!
まずは"にんべん"さん前のベンチ・プランターをチェック! プランターにお水をあげ、通りを清掃中です。
途中の花壇にもみんなで水遣りをしました! こちらのチームも水遣りは大人気ですね!
小舟町の"伊場仙"さん前に到着しました。
こちらはプランターが設置してありました。
小さなお子様連れの方にもご参加頂きました。
富沢町"カフェクグレース"さんの前では
実験の横断防止柵と植樹帯と歩道の舗装についてお話しました。
MY ARKビル前でも実験の横断防止柵と
ベンチ・プランター・植樹帯を見て頂きました。
東京理科大学学生製作のベンチに座り、
ベンチについてアンケートに御協力頂きました。。
最後は"くんさんちゃーりむ"さんにて
アンケートタイムです!
おしるこも皆様に喜んで頂けました。
皆様、御協力本当にありがとうござました。

      
TOP
 
Copyright (C)2006 Nihonbashi miyukidori dorojikken kyogikai, All rights reserved.