平成20年度 道路実験協議会報告会

日本橋みゆき通り 道路実験報告会・総会が行なわれました。
1.日 時:平成21年9月10日(木)16:30〜18:00
2.場 所:横山町奉仕会館4階 サローネ ウーノ
3.内 容:@社会実験報告
       A都市ジャーナリスト 森野 美徳氏 基調講演
◇ 演題「日本橋のまちづくりと社会実験」
◇ 森野 美徳氏
   都市ジャーナリスト
   「日本橋みちと景観を考える懇談会」委員
   国土交通省道路局「社会実験推進懇談会」委員




社会実験報告では、間伐材の舗道への活用はヒートアイランド対策になり、舗道としての機能・耐久性・コストや環境効果比較など、まだまだ検討項目も多いものの、ベンチ・プランターとしての活用でも、ヒアリングの結果は良く環境対策として有効であるという報告がされました。

森野美徳氏による基調講演では、さまざまな街づくりの内容を例に、今後の方向として、道路だけでなく街の活性化やホスピタリティなど、タウン・マネジメントの必要性が語られました 。

ご来賓の皆様には、今後の街づくりに期待を込めたお話をいただけました。



会場の様子
司会・進行 郷 金二郎氏
来賓挨拶 中央区副区長 吉田不曇様 来東京問屋連盟理事長 野島喜一郎様 国土交通省東京国道事務所所長
土井弘次様
道路実験概要、次年度道路実験について、吉田誠男部長、UG都市建築 佐々木享子氏より報告。
都市ジャーナリストの森野美徳氏による基調講演
懇親会の様子
日本橋ルネッサンス100年計画委員会
会長 橋本 敬様
横山町奉仕会 会長 宮入正英様 東京理科大学教授 宇野様
間伐材を使ったベンチ等をデザインされた
デザイナー青木様
四の部連合町会会長 飛川恵一様(右)による、閉会の辞
TOP
 
Copyright (C)2006 Nihonbashi miyukidori dorojikken kyogikai, All rights reserved.