TOPへ
 
平成19年度国土交通省道路実験
(道路の有効活用に対する)社会実験とは…
国土交通省道路局において、必要とされる道路整備はもちろんのこと、既存道路の有効活用、渋滞対策、交通事故対策などの課題に対応するため、先進的かつ斬新な施策について効果や影響を確認するため、場所と期間を限定し、実験す
るものです。
この度、日本橋みゆき通り道路実験協議会が平成19年度の社会実験実施地域に採択されました。
国土交通省道路局社会実験概要
国土交通省平成19年度社会実験の実施地域について


道路実験記録
2008年6月5日
日本橋みゆき通り道路実験完了報告会


この度、本道路空間の有効活用に関する社会実験都市再生モデル調査事業が無事に完了いたしましたので、その報告会を開催する運びとなりました。
同時に、当日は皆様と一緒にこれからの日本橋の街づくりを考えるべく、日本橋地域にお住まいの方々や日本橋の企業の方々を交えて、これからの日本橋の町を考えるフリーなパネルディスカッションも開催致しました。


1.日時:平成20年6月5日(木)16:30〜18:00
2.場所:横山町奉仕会館4階 サローネ ウーノ
3.内容:@道路実験報告  Aパネルディスカッション
◇来賓
衆議院議員 深谷 隆司様
東京都議会議員 立石 晴康様
中央区長 矢田 美英様
中央区議会議長 今野 弘美議長・
中央区議会副議長   高橋 伸治議長
石島 秀起議員・石田 英朗議員・岡田 真理子議員・神林烈議員・
小栗 智恵子議員・志村 孝美議員・田中 幸太郎議員・二瓶 文隆議員
増渕 一孝議員 (あいうえお順)
国土交通省道路局 地方道・環境課 地域道路調整室長  中西 憲雄様
国土交通省東京国道事務所 所長 後藤 貞二様
中央区土木部 部長  越地 壽宜様
日本橋六の部連合町 会長 柴田 亨 様
横山町奉仕会会長 宮入 正英様
横山町馬喰町新道通り会会長 大熊 恒夫様

他多数ご出席いただきました。

報告会の様子
日本橋みゆき通り道路実験協議会

−総会−

平成20年6月5日 16:00〜
事業報告・会計報告など総会は無事に終了致しました
日本橋みゆき通り道路実験協議会

 −報告会−

平成20年6月5日 16:30〜
受付準備 会場の様子
司会挨拶−畠山 隆史氏 協議会浅野 雄悦代表よりご挨拶
来賓挨拶−深谷 隆司衆議院議員 来賓挨拶−立石 晴康都議会議員
来賓挨拶−矢田 美英区長 来賓挨拶−国土交通省道路局 地方道・
環境課 地域道路調整室  中西 憲雄室長
来賓挨拶−横山町奉仕会 宮入 正英会長 道路実験説明】
UG都市建築・佐々木 享子氏
【コミュニティモール説明】
勢州屋・岡田 昇也氏
通り名で道案内実験説明】
カメラ堂・後藤 公夫氏
パネルディスカッション
【テーマ:日本橋のまちづくりについて】
コーディネーター
日本橋みゆき通り委員会吉田 誠男会長
パネラー
人形町商店街協同組合 柴川 賢副理事長(左)
協同組合 東京問屋連盟 野島 喜一郎会長(右)
パネラー
日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会理事 企画部会長三井不動産株式会社 上席主幹 山枡 勝彌氏(左)
日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会理事 観光部会長
ホテルかずさや 代表取締役社長 工藤 哲夫氏(右)
日本橋みゆき通り道路実験協議会

 −懇親会−

平成20年6月5日 18:00〜
司会挨拶−三井不動産株式会社 薄 早苗氏 開会の辞−やげん掘商店会 尾崎 和雄会長
懇親会の様子
懇親会の様子 乾杯−日本橋めぐりの会 川崎 晴喜氏
懇親会の様子 懇親会の様子
二瓶 文隆 中央区議会議員 石田 英朗 中央区議会議員
田中 幸太郎中央区議会議員 本町二丁目自治協会 小西 茂之会長
中央FM 泉 眞躬氏 閉会の辞
横山町 飛川 恵一会長
鳥安 渡辺 秀次氏
2007年11月15日
(日本橋みゆき通り江戸広小路路地空間復活社会実験)
「通り名で道案内」概要

1.目的:
・日本橋に、再び江戸の活気を取り戻し、職住一体型の就業・居住環境の整ったより良いまちとして蘇らせ、次世代までも住み続けていくことができるような永続的な街づくりを大きな目的と掲げ、日本橋を東西につなぐみゆき通り(通称)周辺のまちの活性化を目指します。
・来街者にとって、現在地が判別しにくい周辺地域を、通り名や位置番号をつけることにより、わかりやすく路案内できるようにします。
・また、消滅した旧町名や由緒ある路を「通り名」として復活させ、地域の方々にとって親しみやすく、なじみやすい通り名とします。
  
2.内容:
・実施する通りに、名称プレートや通り名の由来看板を設置します。
・通り名や位置番号が記載された道のガイドマップを作成します。
・地域の方々、または来街者等にアンケート等を実施し、効果を検証します。
 
3.日程:平成19年11月中旬〜平成20年1月まで

4.場所:馬喰町・横山町問屋街及び東日本橋エリア

5.その他:イベントの開催

・子供達と地元住民:12月1日(土)AM10:00〜12:00
 による街歩き 
(地元の方から子供達に、街の説明や、通りの由来等の話をしていただきながら、街歩きを行います)

○「通り名で路案内」基本ルール
 ・通りの起点から10mごと(柱、壁面等)に、
  その通りの名前と起点からの距離を表す番号を
  表記した名称プレートを設置します。
 ・♯数字は、通りの起点からの番号を表し、起点からの距離の10分の1の数字となっています。
 ・起点を背に右側を奇数、左側を偶数表示とします。

○名称プレートの読み方
 ・名称プレートは、通り名ごとに異なる色が施され、
通り名と通りの起点からの距離を表記したものです。


【今回の実験場所】

2007年10月19日14:00〜
日本橋みゆき通り江戸広小路路地空間復活実験セレモニー

14:00−司会挨拶  吉田誠男(日本橋みゆき通り道路実験協議会部会長)
14:05−開会の辞  浅野雄悦(日本橋みゆき通り道路実験協議会会長)
14:10−来賓ご挨拶  (敬称略)
       衆議院議員        深谷 隆司
      都議会議員         立石 晴康
      中央区議会副議長     鈴木 幸子  (鈴木久雄議長代理)
      国土交通省道路局 地域道路調整室長   中西 憲雄 
      中央区副区長         吉田 不曇  (中央区長代理)
14:20−テープカット 


セレモニーの様子

ご挨拶いただきました御来賓の方々
日本橋みゆき通り道路実験協議会会長
浅野 雄悦氏
衆議院議員
深谷 隆司氏
東京都議会議員
立石 晴康氏
中央区議会副議長
鈴木 幸子氏
国土交通省道路局地域道路調査室長
中西 憲雄氏
中央区副区長
吉田 不曇氏
日本橋問屋街街づくり協議会
飛川 惠一氏
平成19年度社会実験
日本橋みゆき通り江戸広小路路地空間復活社会実験

実験概要
中央区において、通り名を記した標識の設置やマップによる道案内を実施するとともに、賑わいの創出のための道路空間際配分を試行し、周囲への影響や、安全性の検証を行う

社会実験の目的
・みゆき通り周辺は、かつては様々な商店や問屋街が軒を連ねており、商業の街として栄えていましたが、流通革命とバブルの崩壊によりマンション建設が増え、半生活圏・半商業地域へと変化しつつあります。
しかしながら、地域内の道路は住民に対応した生活道路にはなっておらず、子供や子供連れの親子の歩行、自転車利用者等にとっては、安全とは言えない状況にあります。
そこで、歩行者・自転車利用者にやさしい道路とし、荷捌きスペースは確保しつつ、コミュニティとしてのたまり空間を設け、職住一体型の新しい街の道路を提案し、その実証実験を行います。
また、日本橋みゆき通り一帯は、かつて隅田川・神田川・日本橋川をはじめ埋められてしまった堀・運河がたくさんありましたが、その川に沿った道筋と新しい道路が複雑に交差している為、来街者・外国人にはとても判りにくい道路状況となっています。
消滅した旧町名や由緒ある路を道路名として復活させ、なじみやすい通り名をつけ、わかりやすく、親しみやすい路案内を行います。

実施組織:日本橋みゆき通り道路実験協議会

実験@:フレキシブルなコミュニティモール化
来街者や周辺居住者、就業者等に対応したコミュニティモール(たまり空間)を設置し、利活用方法についてアンケート等を実施します。
・みゆき通り上の路上パーキングを数箇所潰し、たまり空間をつくります。
・ベンチ等を設置し、休憩したり、話をしたりできるような地域交流の場とします。

A B
実施日:10月19日(金)、20(土)、21(日)の3日間
実施場所:
みゆき通り(通称)上の2箇所(日本橋富沢町)
・たまり空間Aにベンチを設置し、休憩できるようなスペースをつくる。
・たまり空間Bに人力車を設置し、記念撮影をすることができるようにする。
※10月19日11:00〜16:00、20日13:00〜16:00に「着物の女王」と写真撮影が可能
※20日は子供向け将棋大会も催されます

道路実験の様子はこちら


実験A:通り名で道案内
来街者にとって、現在地が判別しにくい周辺地域を、通り名や位置番号をつけることにより、わかりやすくし、アンケート等を実施し、効果を検証します。
・実施する通りを確定し、道路名と位置番号を決めます(消滅してしまった由緒ある旧町名等を復活させ、親しみやすい道路名とします )。
・道路に道路名標識と地図看板を設置します。
・道路名や位置番号が記載された道のガイドをマップ作成します。

実施日:10月〜11月の約2ヶ月間
実施場所:薬研堀商店街及び横山町・馬喰町問屋街の数箇所
※12月1日(土)は子供と町歩きイベントを実施いたします。

←TOPに戻る Copyright (C)2006 Miyukidori, All rights reserved.